ikeko-ko

NO IMAGE arubirekkusunigata

白血病の池江璃花子選手に、同じ病気を克服したサッカー新潟の早川史哉選手が激励コメント

競泳の池江璃花子選手が白血病になったことを受け、自身も白血病を患ったことがあるサッカーJ2・アルビレックス新潟の早川史哉選手が2月12日、所属クラブの公式サイトを通じて激励のコメントを発表した。早川選手はアルビレックス新潟に入った直後の2016年4月、急性白血病と診断された。 治療に専念するため選手契約が一時凍結されたが、骨髄移植などをへて回復。2019年に再び契約を更新していた。 早川選手は「決して一人で背負いこまず、じっくりと強い気持ちをもって病と戦ってほしいです」などと述べ、Twitterでも...
NO IMAGE ikeko-ko

桜田五輪相の発言に批判 池江璃花子の白血病公表に、オリンピック「下火にならないか心配」

白血病と診断されたことを公表した競泳の池江璃花子選手について、オリンピック・パラリンピック担当大臣の桜田義孝氏の発言に対し、ネット上で批判の声が相次いでいる。NHKや情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)などの報道によると、桜田氏は2月12日、池江選手が白血病と診断されたことについて、「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手ですから、本当にがっかりしています」などと記者団に対し発言。「早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい」と労いの言葉も伝えたが、「オリンピック担当...
NO IMAGE ikeko-ko

白血病を乗り越えた渡辺謙さん、池江璃花子選手を励ます「医学と自分の生命力を信じて」

俳優の渡辺謙さんが2月12日、Twitterを更新し、白血病を公表した競泳の池江璃花子選手にエールを送った。 過去に白血病を患い、克服した自身の経験を踏まえてメッセージをつづった。#池江璃花子、さんのニュースを目にしました。僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています。 — 渡辺謙 (@harryken311) Febru...
NO IMAGE hakketsubyo

白血病とは? 池江璃花子選手が公表、白血球が無制限に増殖する病気

医師のイメージ写真

競泳の池江璃花子選手が2月12日、白血病と診断されたことをTwitterで公表した。

池江選手を襲った白血病とは、どんな病気なのか。

白血病とは

白血病は、血液中の白血球が悪性腫瘍(がん)になった血液がんの一種

日本大百科全書によると、血液中の白血球が無制限に増殖する病気だ。放置すれば進行して死に至る病気。白血球が異常に増えることで、赤い血液が白みを帯びて見えるところから、ドイツの病理学者ウィルヒョウが名づけたという。

大きく分けて急性と慢性の2つに分けられ、病状や治療方法は異なる。池江選手も日本水泳連盟も12日現在は、どちらなのか明かしていない。

多いのは急性白血病で、愛知県がんセンターによると、未熟な白血球が増殖し、免疫機能や血を作る働きが低下。その結果、発熱や貧血、出血が止まらなくなるなどの症状が起きる。進行スピードが早く、放置すれば死に至ることもあるという。

一方、慢性白血病は、成熟した白血球が増殖するもの。進行は緩やかで症状は軽いが、急性白血病に移行する可能性もある。進行すると、貧血や血小板減少等の症状が起きたり脾臓が腫れたりする。

白血病細胞の由来する血球細胞に応じて分類され、リンパ性と骨髄性などに分かれる。

愛知県がんセンターは公式サイト上で、急性白血病について「不治の病ではありません」とした上で、「病気を克服し社会復帰をされた方も大勢みえます」と記している。

NO IMAGE hakketsubyo

池江璃花子選手、白血病を公表 日本水泳連盟が会見「前向きな姿勢を示している」

競泳の池江璃花子選手が2月12日、白血病と診断されたことを公表したことを受け、日本水泳連盟が記者会見を開いた。会見では2020年の東京オリンピック出場の見通しは「全くわからない」とした上で池江選手本人は前向きな姿勢を見せていると強調。「暖かく見守って」と呼びかけた。■白血病発覚の経緯は日本水泳連盟の会見によると、池江選手は1月から2月10日までの日程でオーストラリアで合宿をおこなっていた。しかし、所属するルネサンスの三木二郎コーチによると、トレーニングでも思うような記録が出ず「肩で息をするような、今...
NO IMAGE hakketsubyo

池江璃花子選手、白血病を公表 日本水泳連盟が会見「前向きな姿勢を示している」

競泳の池江璃花子選手が2月12日、白血病と診断されたことを公表したことを受け、日本水泳連盟が記者会見を開いた。会見では2020年の東京オリンピック出場の見通しは「全くわからない」とした上で池江選手本人は前向きな姿勢を見せていると強調。「暖かく見守って」と呼びかけた。■白血病発覚の経緯は日本水泳連盟の会見によると、池江選手は1月から2月10日までの日程でオーストラリアで合宿をおこなっていた。しかし、所属するルネサンスの三木二郎コーチによると、トレーニングでも思うような記録が出ず「肩で息をするような、今...
NO IMAGE hakketsubyo

池江璃花子、白血病を公表「日本選手権の出場を断念せざるを得ません」(コメント全文)

池江璃花子

競泳の池江璃花子選手が2月12日、白血病と診断されたことを自身のTwitterで発表した。

ご報告です。 pic.twitter.com/zP2ykLRgCD

— 池江 璃花子 (@rikakoikee) February 12, 2019

池江選手は、オーストラリアでの合宿中に体調を崩し、緊急帰国。検査を受けた結果、白血病と診断されたという。「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です」と戸惑いをつづる一方で、「しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」とも報告。

今後は、治療に専念するため休養し、4月に予定している日本選手権の出場を断念することを明かした。

「1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」と、変わらぬ支援を呼びかけた。

Twitterに掲載されたコメント全文は、以下の通り

--------

応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子